2008年12月22日

無垢フローリングは高価なのか?

よくお施主様から「無垢フローリングは高価ですよね。」とお問い合わせをいただきます。

確かに無垢フローリングは高価だから…と言われる業者さんも居られます。
その場合のほとんどが
「合板フロアーに比べて施工に時間が掛かり面倒だ」
「反りや曲がりなどの後々クレームになるのが怖い」
「そもそも無垢フローリングを施工したことが無い」
などなど高価だからと言う理由では無い理由を付けて
お施主さんを無垢フローリングから遠ざける方もおられます。
特に施工に詳しくない不動産業者や住宅販売のみの営業マンはこの傾向があります。
クレーム無く、素早く売り抜けるのがお仕事なので普通なのかもしれません。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?
木魂-kodama-でご案内させていただいている無垢フローリングだけを
とっても約300種類あります。
1屬△燭蠅涼渦舛呂世い燭3,000円/屐30,000円/屬泙任任完篤發靴討い泙后

下記にて↓全商品リストをダウンロードできます。
全300種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)


そもそも合板フロアーと無垢フローリングを同じ土俵に乗せて比較するのもどうかな?
と思うのですが価格を比較してみます。

某大手住宅資材メーカーのカタログによると…
合板フロアーの定価は1屬△燭6,000円/屐15000円/屬箸い辰燭箸海蹐任靴腓Δ。
これに当たり前のように割引がされ実売価格は
1屬△燭3,000円/屐10000円/屬箸覆詒Δ任后

1屬△燭3,000円/屐30,000円/屐,
1屬△燭3,000円/屐10,000円/屐,任后

どうでしょう?
無垢フローリングはそんなに高価だと思われますか?
もちろん合板フロアーだって30,000円/岼幣紊諒は存在しますし、
無垢フローリングの3,000円/岼焚爾諒も存在します。

たくさんのお施主様が無垢フローリングショールーム「ゆらぎ」にお越しいただいて
ご自分の予算にあった無垢フローリングを発見していただいております。

無垢フローリングはこれだけではありません。
住宅造りではどんな商品が長持ちするのか?ランニングコストも見逃せません。
この先何十年もご家族と過す住宅は、お金をなるべく掛けない様に
なるべく短期間でやり直さなければいけない(リフォーム)部分を少なくしなければなりません。
キッチンやお風呂などの水廻り機器は傷みが早くやり直す事も多いでしょう。

床材はどうでしょうか…
合板フロアーの表面塗装は剥げるとどんどん広がって
見るも無残な状況になっていくのは想像がつきます。
あるメーカー商品では「掃除のやりすぎで塗装が剥げたんですよ」なんてことを
聞いたことも有ります。そんな事って有りなんですかね^^;

無垢フローリングは何十年も対応年数は有りますし、
汚れが気になるようでしたら研磨して綺麗にするという方法あります。

リフォーム時に床を張り替えるには大工手間やゴミの問題も出てきます。
森林伐採して木を使うことを敬遠される方もおられますが、それは合板フロアーも同じことですし、Co2の排出量は加工工程が多い合板の方が多いかもしれません。

今その一瞬を取るのか
はたまた長い目で見るのか…

お施主様だとどうですかね?
住宅販売の営業マンだったらどうでしょう?

それぞれの価値観が有り、それぞれの商品があるので
一概にどちらが良いという様には行きませんが
これからは長い間使える物の方が全般的によさそうな気がします。

無垢フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店

全300種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)


人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

konoka_no1 at 21:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔