マンション

2017年04月07日

賃貸でも無垢フローリング・賃貸用無垢フローリングマットの経年変化

大好評の賃貸でも無垢フローリングが使える賃貸用無垢フローリングマットです。
4年ほど使っての経年変化画像がこちらです。
賃貸用無垢フローリングマット (2)

賃貸用無垢フローリングマット (1)

とても綺麗にくっきり色が違いますね。
家具の下にあった箇所とそうでない箇所を撮影しました。

これだけ見るとずいぶん変色するなぁ…と思っちゃいますが
生活している住人は全く気にすることなく
桧の温かさと素晴らしい香りに包まれて快適に過ごしています。

これがまさか賃貸住宅だとは…
一般的な分譲マンションの標準仕様の合板フロアーとは全く異なります。
見た目は、好みもあるので幅の広い木目を描いた合板フロアーの方が
カッコイイと言われる方もいらっしゃるかと思います。ただの写真が多い昨今なんですが…

賃貸用無垢フローリングマットは、
「学校の床みたい」「ホームセンターの床見たい」など
色んな言われ様ですが、こと“快適に過ごす”という点では見た目よりも
温かく優しい足触りや、素適な香り、優しい足音など
パッと見た目では分かり難いところで人間にやさしさをもたらしています。

ところで人間の五感による情報判断の割合は以下だと言われています。
視覚・・・・・87%
聴覚・・・・・7%
触覚・・・・・3%
嗅覚・・・・・2%
味覚・・・・・1%
どれだけ人間が視覚を重要としているかが分かります。

ところがですよ…

人間てじっくり考えるときどうするか考えたことあります?
わたし、遅ればせながら昨日考えました。

あくまでもじっくりですよ…

好きな音楽を聴くとき
赤ん坊を撫でるとき
紅茶の香りをかぐとき
松島屋の豆大福を食べるとき

わたし。 目を閉じる事が多いです。

もしかしたら視覚が他の感覚を邪魔しているんじゃないかと思うのです。

ショールームでの接客時も
「見た目はパッと見で決めてください。」と言っています。
あの木は硬いとか柔らかいとか、寸法安定性がどうだとかはあまり好きでないです。
柔らかい木で傷が付くのがいやであれば丁寧に暮らせば良いし
寸法安定性が気になるようであれば幅が狭い物を選べばいいし
なんでもお金を出す方に合わせてくれると思ったら大間違い。
大概は変な塗装をしない限りは無垢フローリングは人に優しいです。

なのに大多数のお施主さんは“快適に過ごす”という大前提があるにも関わらず
“視覚”だけ頼ってしまい変なもん掴まされてあとで後悔するというパターン。
これはいつまで経っても無くならないのだろうなぁと思います。
一歩下がって、素晴らしいカタログに載っている合板フロアーを見てみれば
ただただ “上手だなぁ…” で終わるだろうに。


せっかく私も人間だし、
なるべく毎日の生活には自身の五感を活用する事にしよーっと。



東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)



無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)


人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

bnr_sekourei_350x90



konoka_no1 at 18:23|PermalinkComments(0)clip!

2017年02月03日

マンションでも無垢フローリングで生活したい

マンションリフォーム時に床を無垢フローリングにしたいのだけど
なかなか工事の許可が取りにくそうで・・・

こんなお施主様の悩みをよく耳にします。
色々とお話を伺うと、管理組合や管理会社の知識不足から
話が前に進まないという事もあったりします。


マンションの管理規約には
『リフォーム時には床仕上材をL45対応相当品を使用すること』と記載があったりします。
そしてこのマンションの床構造は二重床になっていて
新築当初のパンフレットではL45相当の遮音性能があるとの事です。

略図としてはこんな感じ
マンションでも…

せっかくリフォームするなら無垢フローリングで生活したいし
L45対応の合板フロアーはフカフカして歩行感が気持ちが悪いし・・・ 


どうしたものでしょう?
色々と考えてしまいますよね。
ざくっと大きな問題点は2つあります。


問題点その

下図の施工で・・・
床衝撃音遮断性能試験

このデータが測定できました。
データ

そもそも床構造自体で床衝撃レベルL45の推定値を計測しているのに
どうして二重床の上にL45対応直貼りフロアー(フカフカフロアー)を
施工しなくてはいけないのか?

上記の床構造図やグラフデータの様に
L45推定値を計測した際の床構造やデータなどは各製品ごとに用意されています。
よって表面材を試験データと異なるものを使用すると当然データも変わってくる。
上記の図の場合は、「突板張り合板 厚12」を
「L45対応直貼りフロアー(フカフカフロアー)」に変更すると
もうこの測定データは使えないという事になります。

スラブ面から床仕上げ面の高さの差異でデータが使えない場合もあります。
スラブ面の不陸や構造上段差がある場合の不陸対策に二重床は有効ですが、
この高さが異なる事で測定データが使えない場合も考えなくてはいけません。
普通に考えると高さが異なるのだからデータが違って当然だと思うのですが…




問題点その

マンションの管理組合既約に二重床でも、床仕上げ表面材に
『リフォーム時には床仕上材をL45対応相当品を使用すること』と
記載されていることがあります。
でも、二重床の上にL45対応直貼りフロアー(フカフカフロアー)を施工しても
L45相当の性能は期待できません。

なぜならばL45対応直貼りフロアー(フカフカフロアー)は、
あくまでもJIS規格下(おおまかにはスラブに直貼りの時)にしか
その性能を発揮しないからです。
直貼りフロアーの床衝撃測定の基準はJIS規格で統一されており
実際の試験ではスラブに直接施工して計測するようになっています。
二重床の上に施工することは全くの想定外です。

なんとなく二重床の上に直貼りフロアーを施工すると
良いデータが期待できそうですがそんなことは全くございません。

では、どうして管理組合や管理会社がこの様な基準を設けているのか?
答えとしては全くの無知の何物でもありません(T_T)



問題点,任蓮
構造や高さが変わると既存の二重床のデータが使えなくなる。
そもそも図面の床高と現場の床高が違うとデータが使えない。

問題点△任蓮
L45対応直貼りフロアー(フカフカフロアー)は
あくまでもJIS規格のスラブ直貼り方式でしかその性能を発揮しない。

色々とややこしくて難しそうですね。
それぞれ証明していかなければならないという事です。



それでは二重床仕様のマンションの管理規約に
『リフォーム時には床仕上材をL45対応相当品を使用すること』と記載されている
場合はどうやって無垢フローリングでの生活を手に入れればいいのか?

諦めることは無いと思います。
ぜひ、無垢フローリングショールームゆらぎでお図面を見ながら面談し
無垢フローリングでの生活が過ごせるように解決策を一緒に探しましょう。
管理組合も管理会社の様々ですので、色々なやり用でクリアーできる様に考えましょう。

無垢フローリングでもL45に対応した商品はございます。
木魂防音無垢フローリングは、L45対応の無垢フローリングになります。
厚さも26mmと直貼り無垢フローリングとしては薄い方だと思います。
ぜひ、マンションで直貼り無垢フローリングをお探しの方はご検討ください。

関東近隣ですとマンションリノベーションに精通した
近隣の工務店さんや設計士さんをご紹介させて頂きます。
間違っても、“自身が無い” “無垢は施工したことが無い”といった
ような業者さんは避けてください。
可能な限り慣れている大工さんが叩く方が良いに決まっています。
それではお問い合わせをお待ちしております。



フローリング
無垢フローリング専門店 [木魂] 25年間で5,000件以上の実績を持つ木材コンシェルジュが世界各地の原木から厳選した無垢フローリングをご提供いたします。
東京都・新木場無垢フローリング専門店

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)



無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)


人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

bnr_sekourei_350x90



konoka_no1 at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月26日

マンション用無垢フローリングLL45対応防音マット「サウンドプルーフ」

サウンドプルーフL-45マンション防音規定





サウンドプルーフマンションLL45管理組合規定サウンドプルーフマンション無垢フローリング






無垢フローリングを敷きたいけど、「マンションだから無理」と言われたことのあるあなた・・・
もうその時代は終わりました!!

自然素材(無垢フローリング)のマンションリフォームをあきらめていた方に朗報です。
今までマンションの管理組合規定で定められていた防音性能を、無垢フローリングを使用しても確保できることが証明されました。

床衝撃音レベル簡易試験報告書をご用意しておりますので、必要な方は、ご請求ください。
FAXにて送付いたします。
必ずマンションの管理者にこの報告書を提出し、施工の了承を得てください。


【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは・・・

マンションでも無垢フローリングを使用して快適な住空間をご提案させていただく事が可能です。

当【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。

マンションに無垢フローリングを採用するにあたり、各マンション管理組合で定められた防音規定(通常LL:45)をクリアする事が悩みの種でした。
無垢フローリング自体の遮音はレベルが低く、単体で各マンション管理組合が定める防音規定をクリアする事は至難の業でした。

マンションの床材は通常階上からの音を低減させるために合板の防音フロアーを採用する事が多く見られます。
しかし、合板の防音フロアーは歩行感が非常に不自然だと思われている方も少なくは無いでしょう。
更に今まではマンションだけお施主さんのこだわったフローリング選びがなかなか難しい状況が続きました。

これからは【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフを使用してマンションでもお施主様の本当に気に入った無垢フローリングを採用し、快適な住空間でお過ごしいただけます。

無垢フローリング専門ショールーム「ゆらぎ」には全面下地材に採用しております。
是非、ご来場いただき歩行感をお試しください。


特徴
1. 施工手間の削減・・・レベルの出たスラブ面上に当防音材を敷き詰めるだけ(他の発注業務、運搬業務、それに伴う施工手間は不要)
2. 材料費の削減・・・置き床式なのでボンド不要、下地材も一体化、
3. 施工時間短縮・・・置き床式なので並べて置いてラップ部分をタッカーで止めるだけ。(他の発注業務、運搬業務、それに伴う無駄な時間を削減)
4. 非常に簡単な施工・・・特別な職人さんも必要とすることなくただ敷き詰めるだけ。
5. 公機関のデータ・・・(財)日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。

(財)日本総合建築試験場のHP→http://www.gbrc.or.jp/


【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフ
サイズ:915×455×43mm
価 格:3,150円/枚(税込・送料別)
*配送につきましてはマンション1階軒先渡しのみとなります。


L値は推定値。保証値ではありません。
L値は、JIS(日本工業規格)にもとづく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。
しかも現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10〜15m2のRC版(コンクリート版厚み150mm)を想定しています。
したがって、長大スパンの床版、貫通部をもつ床版あるいは柱、梁、壁などを通じて伝播する音の大きい建物など、条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。
「日本防音床材工業会(JAFMA)ホームページ」より抜粋



東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)



無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)


人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

bnr_sekourei_350x90



konoka_no1 at 21:50|PermalinkComments(2)clip!

2007年12月10日

【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフ

サウンドプルーフL-45マンション防音規定





サウンドプルーフマンションLL45管理組合規定サウンドプルーフマンション無垢フローリング






無垢フローリングを敷きたいけど、「マンションだから無理」と言われたことのあるあなた・・・
もうその時代は終わりました!!

自然素材(無垢フローリング)のマンションリフォームをあきらめていた方に朗報です。
今までマンションの管理組合規定で定められていた防音性能を、無垢フローリングを使用しても確保できることが証明されました。

床衝撃音レベル簡易試験報告書をご用意しておりますので、必要な方は、ご請求ください。
FAXにて送付いたします。
必ずマンションの管理者にこの報告書を提出し、施工の了承を得てください。


【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは・・・

マンションでも無垢フローリングを使用して快適な住空間をご提案させていただく事が可能です。

当【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。

マンションに無垢フローリングを採用するにあたり、各マンション管理組合で定められた防音規定(通常LL:45)をクリアする事が悩みの種でした。
無垢フローリング自体の遮音はレベルが低く、単体で各マンション管理組合が定める防音規定をクリアする事は至難の業でした。

マンションの床材は通常階上からの音を低減させるために合板の防音フロアーを採用する事が多く見られます。
しかし、合板の防音フロアーは歩行感が非常に不自然だと思われている方も少なくは無いでしょう。
更に今まではマンションだけお施主さんのこだわったフローリング選びがなかなか難しい状況が続きました。

これからは【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフを使用してマンションでもお施主様の本当に気に入った無垢フローリングを採用し、快適な住空間でお過ごしいただけます。

無垢フローリング専門ショールーム「ゆらぎ」には全面下地材に採用しております。
是非、ご来場いただき歩行感をお試しください。


特徴
1. 施工手間の削減・・・レベルの出たスラブ面上に当防音材を敷き詰めるだけ(他の発注業務、運搬業務、それに伴う施工手間は不要)
2. 材料費の削減・・・置き床式なのでボンド不要、下地材も一体化、
3. 施工時間短縮・・・置き床式なので並べて置いてラップ部分をタッカーで止めるだけ。(他の発注業務、運搬業務、それに伴う無駄な時間を削減)
4. 非常に簡単な施工・・・特別な職人さんも必要とすることなくただ敷き詰めるだけ。
5. 公機関のデータ・・・(財)日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。

(財)日本総合建築試験場のHP→http://www.gbrc.or.jp/



サイズ:915×455×43mm
価 格:3,150円/枚(税込・送料別)
*配送につきましてはマンション1階軒先渡しのみとなります。


L値は推定値。保証値ではありません。
L値は、JIS(日本工業規格)にもとづく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。
しかも現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10〜15m2のRC版(コンクリート版厚み150mm)を想定しています。
したがって、長大スパンの床版、貫通部をもつ床版あるいは柱、梁、壁などを通じて伝播する音の大きい建物など、条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。
「日本防音床材工業会(JAFMA)ホームページ」より抜粋



東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)



無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)


人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

bnr_sekourei_350x90



konoka_no1 at 06:49|PermalinkComments(0)clip!

2007年06月12日

サウンドプルーフ

サウンドプルーフL-45マンション防音規定






サウンドプルーフマンションLL45管理組合規定サウンドプルーフマンション無垢フローリング






無垢フローリングを敷きたいけど、「マンションだから無理」と言われたことのあるあなた・・・
もうその時代は終わりました!!

自然素材(無垢フローリング)のマンションリフォームをあきらめていた方に朗報です。
今までマンションの管理組合規定で定められていた防音性能を、無垢フローリングを使用しても確保できることが証明されました。

床衝撃音レベル簡易試験報告書をご用意しておりますので、必要な方は、ご請求ください。
FAXにて送付いたします。
必ずマンションの管理者にこの報告書を提出し、施工の了承を得てください。


【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは・・・

マンションでも無垢フローリングを使用して快適な住空間をご提案させていただく事が可能です。

当【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフは日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。

マンションに無垢フローリングを採用するにあたり、各マンション管理組合で定められた防音規定(通常LL:45)をクリアする事が悩みの種でした。
無垢フローリング自体の遮音はレベルが低く、単体で各マンション管理組合が定める防音規定をクリアする事は至難の業でした。

マンションの床材は通常階上からの音を低減させるために合板の防音フロアーを採用する事が多く見られます。
しかし、合板の防音フロアーは歩行感が非常に不自然だと思われている方も少なくは無いでしょう。
更に今まではマンションだけお施主さんのこだわったフローリング選びがなかなか難しい状況が続きました。

これからは【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフを使用してマンションでもお施主様の本当に気に入った無垢フローリングを採用し、快適な住空間でお過ごしいただけます。

無垢フローリング専門ショールーム「ゆらぎ」には全面下地材に採用しております。
是非、ご来場いただき歩行感をお試しください。


特徴
1. 施工手間の削減・・・レベルの出たスラブ面上に当防音材を敷き詰めるだけ(他の発注業務、運搬業務、それに伴う施工手間は不要)
2. 材料費の削減・・・置き床式なのでボンド不要、下地材も一体化、
3. 施工時間短縮・・・置き床式なので並べて置いてラップ部分をタッカーで止めるだけ。(他の発注業務、運搬業務、それに伴う無駄な時間を削減)
4. 非常に簡単な施工・・・特別な職人さんも必要とすることなくただ敷き詰めるだけ。
5. 公機関のデータ・・・(財)日本総合建築試験場で無垢フローリングを使用して試験をした結果、JIS(日本工業規格)のL値でLL:45の性能を証明しました。

(財)日本総合建築試験場のHP→http://www.gbrc.or.jp/


【マンション用L-45防音マット】サウンドプルーフ
サイズ:915×455×43mm
価 格:3,150円/枚(税込・送料別)
*配送につきましてはマンション1階軒先渡しのみとなります。


L値は推定値。保証値ではありません。
L値は、JIS(日本工業規格)にもとづく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。
しかも現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10〜15m2のRC版(コンクリート版厚み150mm)を想定しています。
したがって、長大スパンの床版、貫通部をもつ床版あるいは柱、梁、壁などを通じて伝播する音の大きい建物など、条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。
「日本防音床材工業会(JAFMA)ホームページ」より抜粋





東京,無垢フローリング

全500種類の無垢フローリング
商品データ集をダウンロード(click!)



無垢フローリング施工例一覧(木魂-kodama-)

無垢フローリング施工例専門サイト

無垢フローリング施工例一覧(ブログ)


人気blogランキングへエントリーしております。
ブログランキングバナー
今日も清きワンクリックをポチッとお願いします!

bnr_sekourei_350x90



konoka_no1 at 05:22|PermalinkComments(1)clip!